Home バイノーラルマイクを自作しました
« Home »
2013年 7月 18日 バイノーラルマイクを自作しました はコメントを受け付けていません。

バイノーラルマイクを自作しました

Tags

自作バイノーラルマイク
自作バイノーラルマイクできたよー!
すごくいい感じに作れた!(*´∀`)

で、動作確認のため、テスト録音してみた音データです。
「Play♪」をクリックすると音が鳴ります。イヤホンで聴いてね。(*´∀`)

Play♪ 自作バイノーラルマイク録音テスト


音が鳴らない場合はこちら

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


テスト録音した音データを再生すると、
シャカシャカした音が頭の周りを移動している感じが分かると思います。
安く作れたのにすごくいい感じです。


以下、制作メモです。
自作バイノーラルマイクを作ろうと思っている人の参考になれば。

自作バイノーラルマイクの材料費
コンデンサーマイク
品番「WM-61A」1パック2個入り
200円(税込)
100円ショップで売ってた
「カナル型イヤホン」
105円(税込)
別に買わなくても、使ってないイヤホンがあれば
それを使ってもOK
ホームセンターで売ってた
「はんだごてセット」

こういうやつ → 画像
680円(税込)
合計 985円(※1)
※1…正確には、コンデンサーマイクは通販で買ったため、
代引き手数料300円+送料500円がかかりました。
それでも、合計1785円で作れちゃう!

■【自作バイノーラルマイクの作り方 参考ページ】
作り方はこちらのサイトのページが、すごく分かりやすいです。

168円で立体的に録音する


■【コンデンサーマイクが買える通販サイトの商品ページ】
今回、コンデンサーマイク 品番「WM-61A」1パック2個入りは、
こちらの通販で購入しました。

高音質小型エレクトレットコンデンサーマイクロホン(ECM) WM-61A 2個入


■【制作中に困ったことや感じたことなどメモ】
・ものによっては、カナル型イヤホンのスピーカー部分の覆いが
 手で簡単に外れない。外すのにペンチが必要かも。
 今回、自分は手で外せなかったので、ペンチを使いました。(・∀・;

・コンデンサーマイクの部品の配線接続部分に
 最初からはんだが少しついているので、
 はんだごてがあれば、はんだはいらない。(はんだを買う必要がない。)

・はんだ付け作業のときにピンセットがあると
 小さなコンデンサーマイクの部品を押さえながら
 はんだ付け作業ができたり、配線接続部分に余分に付いた
 はんだを取り除いたりと、いろいろと便利。
 今回、自分は、はんだごてセットを購入していて、
 ピンセットや簡易はんだ台などが入っていて便利で良かった。

・自分は初めて作ったのですが、作業時間は15分ぐらいでした。
 男性なら楽勝で作れると思います。慣れれば数分で作れます。
 女性声優さんは、はんだ付けで少し戸惑うかも。
 まぁでも、はんだ付けはそんなに難しくはありません。

・コンデンサーマイクのはんだ付けが終わったら、
 カナル型イヤホンのスピーカー部分を覆っていたパーツは
 戻さない方(付け直さない方)がいいかも。
 自分はマイク部分を覆ってしまうと、録音のときに音を
 よく拾ってくれてないように感じたので、
 この記事の最初の写真を見てもらえば分かる通り、
 マイク部分はむきだしのままにしました。

…こんな感じです。( ^ω^)

[posted by : silver-ruby]


追記:

ファッ!?

バイノーラル面白いっす!

[posted by : nekocal]


追記:

 テスト音声聴きました。^^
ちゃんとバイノーラルしてますね。素晴らしい。^^

[posted by : みかん曲線]

Comments are closed.